HOMEカルネFAQ(よくある質問)| 2. カルネ申請手続きについて

FAQ(よくある質問)
2. カルネ申請手続きについて

Q1東京本部、大阪事務所の所在地を教えてください。

Answer

 こちらからご確認ください。
Q2営業時間を教えてください。

Answer

平日午前9時30分から午後4時30分です。(土、日、祝日、年末年始休暇を除く)

◎昼の時間帯も営業しています。

◎郵送で申請の場合、午後4時30分を過ぎた到着の場合は翌営業日受理となります。
宅配便等の申請で、時間指定ができる場合は、午前必着でお願いします。

Q3申請から発給までどのくらいかかりますか。

Answer

初回申請の場合

申請を受理完了してから営業日4日目の発給となります。

faq2-3.png

2回目以降の申請の場合

申請を受理完了してから営業日3日目の発給となります。

◎日数は土日祝日年末年始を除く

◎出発までの日程に余裕を持って申請してください。

Q4カルネ記載物品のうち、1品目を輸出しないことになりました。カルネはこのまま使用できますか?

Answer

このまま使用できます。


カルネの証書(ATAカルネ)、申告書(SCCカルネ)に、通関時にカルネ記載のどの品目番号を通関するかを記載する欄があります。そこに輸出する物品の品目番号のみを記入することで、欠品して通関することができます。記載どおりに税関印も控え用紙に記入しているかを通関時に必ず確認が必要です。 *カルネ物品表に直接線を引いたり、記入するとカルネが無効になりますのでお気をつけください。

Q4発給されたカルネを送ってもらえますか。

Answer

発給日に発給料金の入金確認が出来ていれば、着払い宅配便にて送付することができます。
カルネの到着は最短で発給日翌日以降となります。(送付先住所や宅配便の状況で変わることもあります)

申請時に送付先の詳細到着希望日時をお申し出ください。

◎ 申請後にカルネの受領方法を窓口受領から送付に変更する場合は、申請した事務所にお問い合わせください。

◎ 業務通関の場合、カルネに名義人の署名が必要です。

Q5メールで申請はできますか。

Answer

メール等、電子媒体での申請はできません。

必要書類を協会窓口に持参していただくか、送付にて申請してください。

Q6申請書や総合物品表はどこで手に入りますか。

Answer

 こちらからから入手できます。

ATAカルネ、SCCカルネと分かれていますので、必要な申請書・総合物品表をダウンロードしてください。
最新のAdobe Acrobat Readerをダウンロードいただければ、申請書に入力して印刷することも可能です。
総合物品表はエクセルファイルに必要事項を入力後、印刷してください。
新規申請書類一式のZipファイルには、必要書類のご案内、料金表、申請に必要な書類一式と申請記入例も入っています。

申請は協会窓口(送付可)提出です。Eメール等の申請はできません。

Q7輸出予定日が2日後ですが、これから申請してカルネ取得は間に合いますか?

Answer

申請を受理完了した日から、営業日4日目にカルネ発給(新規登録の場合)のため輸出日には間に合いません(登録済の場合は、営業日3日目の発給です)

カルネは輸出通関から使用する必要があるため、輸出通関予定日に間にあうように、申請書提出をお願いします。

書類に不備があると、申請受理完了しませんので、日程に余裕をもった申請をお願いします。

Q8申請完了後に物品の変更はできますか?

Answer

申請受理完了後の申請内容の変更は承れません。

変更をご希望の場合、申請をキャンセルをしていただき、再度申請書・総合物品表を作成してご提出ください。発給日は申請受理完了日から営業4日目(登録済の場合は営業3日目)です。

キャンセルはお知らせしている発給日前営業日16:30までのお電話で可能です。それを過ぎた場合は、キャンセル不可となり、発給料金全額をお支払いただきます。

Q9申請時の物品用途を定型文以外にできますか?

Answer

カルネを使用する一時輸入国税関指示の場合のみ、定型文以外の用途で申請ができます。

申請時のカルネ用途は、そのままカルネに記載されます。その用途でカルネ通関できるかどうかは、一時輸入国の税関判断となります。

用途は原則、定型文からの選択となりますが、一時輸入国税関指示で、用途表記を定型文以外にする場合は、申請時にその旨お申し出ください。

Q10カルネの物品で申請できないものはありますか?

Answer

消耗品や一時輸入国に残留する物品、修理・加工目的の物品は申請できません。また、価値が無いもの(0円)の物品や、価格が過小評価と協会審査で判断した物品も申請を承れません。

消耗品:食品、使用することで消耗する文具、配布するパンフレット等。 物品の修理・加工は条約で禁じられています。 カルネで輸出通関したものは、輸出時と全く同じ状態で日本へ再輸入通関する必要があります。

Q11 発給料金の支払い方法は決まっていますか?
領収証は発行されますか?

Answer

発給料金は請求書記載の協会口座に振込でお支払いただきます。入金確認後、領収証を発行してカルネ発給時にお渡しします。

発給料金は日本国からの振込のみで、現金やクレジットカード、海外からの送金、請求書払い等には対応しておりません。

Q12申請完了後、予定が無くなりキャンセルしたいのですが、どのようにすればよいですか?
キャンセル料は発生しますか?

Answer

キャンセルは発給予定日の前営業日、16:30まで可能です。受付番号とキャンセルの旨、申請した事務所に連絡をお願いします。メールでの連絡の場合、担当者から返信が無い場合はキャンセル確定しておりませんので、お手数ですが電話にて確認をお願いします。
キャンセル料は、申請完了時にお渡しした請求書記載の発給手数料の半額となります。
例:14,000円→7,000円

発給予定前営業日16:30を過ぎるとキャンセル不可となり、発給手数料全額をお支払いただくこととなります。(担保金は不要です)

*一度キャンセルすると、キャンセルを取り消すことはできません。ご予定をよく確認の上、キャンセル手続きをお願いします。

Q13海外から日本に一時輸入する物品のカルネは、日本で申請できますか?

Answer

海外から日本に一時輸入する物品のカルネは、日本で申請できません。

カルネは輸出国で発給しますので、輸出国がカルネ加盟国の場合は輸出国のカルネ発給・保証団体にお問い合わせや申請をお願いします。